CART  /  LOG IN  /  HOW TO BUY  /  CONTACT 




ASEEDONCLOUD Hiraeth trench(wool herringbone)

ASEEDONCLOUD (Japan)

ASEEDONCLOUD(アシードンクラウド)という名前は、
デザイナーの玉井健太郎氏が子供の時に創作した絵本『くもにのったたね』から由来。

19世紀後期~20世紀初頭の古い作業着の美しさを生かしながら、
その美しさの裏にあるアイデンティティーに、ウイットとユーモアを交えてデザインされています。

ひとつひとつの洋服に込められたストーリーが、スパイスとしてデザインに落とし込まれています。
また、買っていただいた方々への感謝の気持ちと、その生活に花を届けたいという気持ちを込めて、
タグに様々な植物の種が添えられています。


Handwerker
普段着に適した、普遍的なワークウェア作りをしている、
ASEEDONCLOUDのワークライン。
2018年AWからは、一人の職人の方に向けて、作業するための服を作るシリーズをスタート。




ASEEDONCLOUD Hiraeth trench(wool herringbone)

価格:

82,500円 (税抜 75,000円)

[ポイント還元 825ポイント~]
選択してください:
購入数:
この商品について問い合わせる



ASEEDONCLOUD Hiraeth trench(wool herringbone)

"アシードンクラウド"のコート。

今回のテーマにある「騎憶士(Kiokushi)」が移動手段である馬に乗る際に着る、
防寒・防水・防風のためのトレンチコート。
ベースは定番で展開しているトレンチコートですが、サイズやディティールを変更しています。
馬に乗って移動をする騎憶士(Kiokushi)に合わせて、昔の乗馬服に見られるコートの内側裾に
足を通すベルトを付けており、馬にまたがる際にコートが綺麗に開くようになっています。
また、深いセンターベントもその為についています。
着ない時には、付属の共布ベルトを使用して背負える仕様になっています。
一見とてもトラディショナルなトレンチコートに見えますが、内側の仕様に遊びが詰まった
とてもワクワクするトレンチコート。身幅や袖幅などにもゆとりがあり、堅苦しい感じはありません。

こちらの生地には、英国生地メーカーMOON社のツイード生地を使用。
古き良きホームスパンのツイード生地を思わせる、羊毛の染色・染色・織り・仕上げまでを全て
自家工場で一貫して行っているメーカーです。
自然の色が活かされた奥行きのある上品な素材で、とても季節感が出る暖かみのあるウール生地です。
そして裏地の身頃の上側は、中綿入りのキルティング仕様に。
寒い時期にも安心な、機能面も充実のウールトレンチです。

カラー:ベージュ(経糸にグレーのメランジ糸、緯糸にピンクベージュ)
※ブルーグリーンは完売しました。


素材:表生地ウール100%、 中綿ポリエステル100%、 裏地上側ポリエステル100%
裏地袖キュプラ100%、 裏地下側コットン100%   ※ドライクリーニング表記

サイズ:S
裄丈:80cm
バスト:130cm
着丈:110cm


モデル:155cm


made in japan


ダークグリーンが完売でベージュ一色展開です。


前年よりも大きめな衿




タブが仕込まれています。


チンガードとして首周りを雨風から守ります。






タブ片側のボタンを外して垂らすとこのように。


フラップ裏にも別布がつきます。


フロントは比翼ボタンの仕様です。


フロント身頃の打ち掛けボタンは2つ


ダブルブレストの打ち合わせですがシングルです。


ボタンは味のあるナットボタンです。
また生地は英国のMOON社のミックスヘリンボーンを使用しています。


袖口もタブがあり、調整が可能です。


絞れます。


袖裏は滑りの良いストライプのキュプラです。


特殊な装備の裏側がユニーク


共布のベルトをここに収納することで、コートを背負ったり、斜め掛けで持ったりすることが出来ます。


馬に跨った際に、広がったコートの裾が固定されるための共布の紐。
洒落が効いています。




内側の上部は中綿のキルティングで背中はとても温かい。


ポケットは箱型の貫通ポケットです。




貫通しています。


共布のベルト


今回、着用写真でベルトを巻いているものがありませんが、巻くとこんな雰囲気です。




バックスタイル


本格的な設計の雨蓋も付きます。こちらも別布の裏地がしっかり付いています。


動きやすいように深めのベントが入ります。




いつも通り、ブランド下げ札には植物のタネが。ぜひ植えてみてください。


ベージュ着用














襟を立てて












背負った感じ(ぜひ背負ってみてください)


斜め掛けで


ボトムスを変えて、ヒールを合わせて。










































ページトップへ