CART  /  LOG IN  /  HOW TO BUY  /  CONTACT 




ASEEDONCLOUD Researcher shirt

ASEEDONCLOUD (Japan)

ASEEDONCLOUD(アシードンクラウド)という名前は、
デザイナーの玉井健太郎氏が子供の時に創作した絵本『くもにのったたね』から由来。

19世紀後期~20世紀初頭の古い作業着の美しさを生かしながら、
その美しさの裏にあるアイデンティティーに、ウイットとユーモアを交えてデザインされています。

ひとつひとつの洋服に込められたストーリーが、スパイスとしてデザインに落とし込まれています。
また、買っていただいた方々への感謝の気持ちと、その生活に花を届けたいという気持ちを込めて、
タグに様々な植物の種が添えられています。


Handwerker
普段着に適した、普遍的なワークウェア作りをしている、
ASEEDONCLOUDのワークライン。
2018年AWからは、一人の職人の方に向けて、作業するための服を作るシリーズをスタート。




ASEEDONCLOUD Researcher shirt

価格:

35,200円 (税抜 32,000円)

[ポイント還元 352ポイント~]
選択してください:
購入数:
この商品について問い合わせる



ASEEDONCLOUD Researcher shirt

"アシードンクラウド"のシャツ。
今季のコレクション" mitsuyakusou "は、
ある街の修道院の一人の修道士と、身寄りのない子供たち十人のお話です。
子供たちは修道士から薬草づくりなどを教わりながら、人々を病から救い、
いつからか山の上の修道院は、多くの人が集う場所となりました。

やがて子供たちは少女へと成長し、普段は薬草づくりをして、月夜の晩には占いや錬金術を楽しむ。
月夜の晩に踊る際、腕周りの動きがダイナミックに見えるように
裾幅をたっぷりととった半袖ブラウスです。見頃と袖が繋がっていて、さらに肩はヨーク切り替え、
後ろの肘付近にはタックを施し立体感を出しています。

シックな色合いのフルーツ柄は、魔女に関わるモチーフになっているオリジナルプリント生地です。
リンゴの木は魔法の杖を作るのに使われているなど、フルーツ1つずつに魔女にゆかりのある意味が含まれており、
また魔女の使いである小さな虫たちも隠れています。
綿麻の混紡糸を使用したキャンバス生地にプリントをして、わざとムラ感のあるヴィンテージ生地のような風合いを出しています。

カラー:ブラック


素材:コットン50%、リネン50%
  ※手洗い表記

サイズ:F
裄丈:57cm
身幅:約63cm
着丈:62cm


モデル:155cm


made in japan


オリジナルプリント1色展開です。


独特で可愛らしい襟のデザイン




すぼまった裾のすっきりとしたデザイン


バックスタイル


衿吊があります。


袖口のカフスは高さがあり、ボタン付きです。


FACTORYのワイドパンツに合わせて着用(モデル身長155cm)




























ページトップへ